familybusiness’s diary

家族で貿易商社を営む日々のあれこれ

自宅オフィス開業②

自宅オフィスを開設するにあたって導入した物たち。

1、ブラザーのプリンタ DCP-J988N

貿易は書類が全ての世界。必然的にプリンターの稼働率が高く、大事な仕事道具である。ところが最近の家庭用プリンターは小型、高品質印刷を謳ったものが多く、インクカートリッジの色数が不必要に多かったり、カセットに格納できるコピー紙が少なかったりする。用途に合わないプリンターを買ってしまうと、プリンターのお守りに不要な時間を取られてしまう。

・印刷のクオリティにはそこまでこだわらない

・メンテの必要が最小限で使いやすい

・紙切れ、インク切れを気にしないで済む

・・という私のニーズに基づいた調査の結果、ようやく見つかったのがブラザーのプリンタ DCP-J988N。

f:id:familybusiness:20190816224616j:plain

このプリンターの最大の注目ポイントは超大容量のインクカートリッジである。(インク容量が標準モデルのなんと16倍という、規格外の大きさ!)

 

f:id:familybusiness:20190816224600j:plain

家庭用プリンターはインクカートリッジで収益を上げているというのは周知の事実だと思うが、このプリンターのカートリッジは採算度外視のハイコスパである。インクの色数は6色や7色が主流の中、潔い4色。そのぶんメンテが楽である。お陰で導入から3ヶ月経った今でもインクを交換していない。今となっては手放せない相棒である。

 

2、ヤマダ照明のデスクライト

なんだかんだデスクワークが多いので、目の健康を守るためにもデスクライトも慎重に検討した。疲れ目を軽減するデスクライトの条件は、光の明暗が少なく、手元の陰が出来にくいものであるらしい。そのため、①出来るだけ高い位置から②広い角度で照らす必要があるそうだ。

流行りのバルミューダとかも興味があったけれど、私はLEDライトが苦手なので除外。そもそも、LEDライトを除外すると選択肢は驚くほど少なかった。最終的に購入したのは山田照明というメーカーのデスクライト。大きく両手を広げたような形のデスクライトである。存在感はすごいけど、お陰で目の疲れは大分軽減されている気がする。LEDではなく蛍光管のライトメーカーさんもこの先、生き残ってて欲しいなぁと思う。

 

f:id:familybusiness:20190816224623j:plain

3、ダーツ板

私は考えが煮詰まってくると家中をうろうろする癖があり、割と妻のストレスになっていた。そんな私のうろうろ防止のために導入したのがこちら。

f:id:familybusiness:20190816224556j:plain

ダーツライブはスマートフォンが液晶の代わりになって、何十種類ものゲームや点数計算に対応している。最近は集中が切れてきたら1ゲームダーツを投げて気持ちを切り替えることにしている。お陰で私のうろうろも減って、家人に迷惑をかけることも少なくなってきた。

ソフトダーツ(矢の先がプラスチック)なので賃貸の壁にも安心・・・と思っていたら失敗したら普通に穴は空く。早く上達しないと退去時に大変なことになりそうだ・・

f:id:familybusiness:20190816225541p:plain