familybusiness’s diary

家族で貿易商社を営む日々のあれこれ

夏の思い出②

帰国子女の4歳児と過ごした夏の思い出 その2。

4歳児の言語能力は非常に柔軟。夏の間通ってたインターナショナルのサマースクールでは英語だけでなく関西弁も覚えてくるし、岡山に帰省したら岡山弁になって帰ってくる。大人達の会話に聞き耳を立てて、妙に大人びた言葉遣いもするようになった。

関西弁、標準語、岡山弁、英語の4言語が4歳児の脳の中でどのように処理されているのかは謎だけど、恐らく日本語、英語などという区別はなく、その時その場で目的を果たすために言語を習得していくのだろう。まさに生きた言語!

そして言い間違い、うろ覚えもすごく多いのだけど、間違いを恐れずにとりあえず口に出してみる。そんな4歳児のコミュニケーションへの姿勢というか意欲には見習わなきゃなーと思う。

 

この夏の姪っ子氏の言い間違いたち。

*惜しい!

「にんにく!」(筋肉)

「めんこたい!」(めんたいこ)

「わがらし!」(わたがし)

「オムライスにニコちゃんパーク描いて!!」(ニコちゃんマーク)

 

*全然違う!

「ばんそうこう食べたい!!」(こんぺいとう)

「おつけもの!」(ナマケモノの絵を見て)

 

*番外

バイキング形式のレストランで

「じゅんhexagonのやつ取ってきて!hexagonのやつ食べたい!」

???

hexagonのやーつー!!」

???

hexagonのやーつー!!はちみつかけるやつ!!!」

???

「もういいよ!!!(怒)」

正解はhexagon(六角形)の形をしたワッフルのことでした。分かるかっ!

 

f:id:familybusiness:20190930104113p:plain