familybusiness’s diary

家族で貿易商社を営む日々のあれこれ

読書会開催記④

読書会開催記、最終回です。

そもそも人が集まるか不安なイベントであったが、予想外の追い風のお陰で蓋を開けてみれば告知開始2週間で満席御礼であった。素人イベントにしては快挙である。(増席という手もあったけど、運営が不安なので今回は30人で締め切った。)

***

そして迎えた当日。当日の運営は、当時読書会を一緒に運営していた仲間達と、その彼女様がありがたいことに手伝いに来てくれた。各テーブルのファシリテーション(班長?)が主な役目であるが、忙しい中時間を割いてくれて会場の設営から受付まで手伝ってくれ、感謝至極である。我々夫婦だけではとても手が回らなかった。

イベントの開催時刻が迫り、ぼちぼちと人が集まってくる。初開催のイベントなので全員初対面である。参加者の皆さんも緊張されていただろうが、我々だって緊張している。・・が、集まってくれた方々は知的で気さくな方ばかりであった。中にはプロのコメディアンの方や車のデザイナー、本にまつわる事業を企画されている方や、我々など足元にも及ばないほどのガチな読書家の方などなど、読書会を開かなければ出会えなかったであろう素敵な方も沢山来てくれた。

私の司会のまずさは置いておくとして、ファシリテーターの流石のトーク力のおかげでイベントは大盛況。盛会のうちにイベントが終了しても、なんと誰も帰らない。仕方なく二次会会場を探して夜の心斎橋を私は一人走り回ることになったのだけど、これは嬉しい誤算と言うべきだろう。

***

後日アンケートの結果、参加者満足度は10点満点のうち、8.4点!上々の数字である。

この勢いで第二回に繋げよう・・!と思っているうちに、このイベント最大の不幸が訪れた。今回、イベント会場を太っ腹に貸し出して頂いた心斎橋のスタンダードブックストア様が、なんと 閉 店

・・そう、実は同店は建物の契約満了による立ち退きを秘密裏に進めていたのだ。イベント主催者というよりいちファンとして愕然とする事態である。

大好きな書店の閉店を悔やむよりも、お店が閉店される前にイベントを開催できたことを喜ぶべきだろうか。素晴らしいお店はいつまでもそこにあるとは限らないということを改めて教えられた。次回の読書会に向けて、振り出しに戻って会場探しからスタートする我々であった。。

f:id:familybusiness:20190709222130p:plain