familybusiness’s diary

家族で貿易商社を営む日々のあれこれ

マレーシア出張③

マレーシア出張記の最終回です。

インドのお客さんの運転で、マレーシアを南に2時間爆走してマラッカに到着。現地の印刷工場、製本工場を幾つか案内してくれた。マラッカはヨーロッパの影響を強く受けた地域らしいのだけど、案内してもらった工場は全て中華系であった。社名も中国語であれば、従業員の方も皆中華系。心なしか街並みも中国っぽかった。

工場の視察が無事に終了した後、中華系の現地のセールスマンの方が簡単な接待をしてくれた。壁の無い簡素な作りの中華料理屋さんで、オープンカフェというよりは日本で言うところのちょい飲み屋のようなものだろうか。一人で来てたらまず入る勇気が出ないようなお店に連れて行ってもらえるのは役得とも言える。ここで私は世にも珍しい光景を見た。

ご存じ世界で一番"押しの強い"人達である中国人は、接待の際も押しが強い。食べきれない程の料理と酒でテーブルを埋めるのが彼らの歓迎の気持ちである。(日本もこの文化圏に属しているのだけど、我々でも驚くほどの食べ物を並べてくれる)

そして、インド人も中国人と負けず劣らず押しが強い人達である。彼らは食事に対してすごく保守的な面があり、海外に行っても自国の料理以外のものを食べる方はほとんどいない。

さて、、どんな相手にも強引に中華料理を振る舞う中国人が、どこに行ってもカレーしか食べないインド人を相手にするとどうなるか・・?

「これ食べなよ!美味しいから!食べなよ!」

「ノー!ベジタリアンだから食べない!」

「野菜料理を頼んであげたよ!!ベジタリアンでも食べれるだろう!ほらほら!」

「ノー!お腹いっぱいだからいらない!」

「一口くらい食べれるだろう!美味しいからトライしてみようよ!」

「ノーサンキュー!!」

・・とても接待とは思えない光景であった。両名とも自国の食文化に強く誇りを持ってるのは偉いなぁと思わないでもないけれど。

最強の矛と最強の盾の争いの結末はインド人の勝利で、結局大量に並んだ料理を彼らは一口も食べなかった。私は大量に残った料理を(お腹壊しませんように!)と一心に祈りながら全部平らげる羽目になった。(しかも貝料理)

そんなこんなで出張も終わり、記念写真を撮ってお別れしたインド人ディーラー達には後からすげー苦労させられる羽目になるのだけど、それはまたいつかの機会に・・・

f:id:familybusiness:20190421210847p:plain