familybusiness’s diary

家族で貿易商社を営む日々のあれこれ

マレーシア出張①

あけましておめでとうございます。(遅)

無事にお正月休みを終え、今年も元気に働きはじめております。

正月ボケも冷めやらぬ1月上旬、マレーシアに出張に行ってきました。今回の出張はかなりの弾丸出張。出張が決まった翌日に出発、そして滞在時間約34時間という強行軍である。

ずうっと長いことお客さんから購入したいとリクエストを受けていた機械があった。目当ての機械が中々見つからずに困っていたのだけど、他のお客さんを介してその機械がなんとマレーシアで発見された。結構珍しい機械であり、良いコンデシションのものも少ないので奇跡的な幸運と言える。

滅多にない好機を逃さず商談をまとめるために、急遽マレーシアに飛ぶことになった・・というのが今回の出張のいきさつである。今回の出張は初の義父との二人旅。

出張が決まってから大慌てで飛行機やホテルの手配や荷物の準備。お金さえ払えば海外渡航のチケットなど当日でも取れる・・というのも海外経験の浅い私には新鮮な経験であった。

関西空港-クアラルンプール国際空港間はエアアジアというLCCが就航しており、格安で渡航することが出来る。(2人で往復8万円程度)

現地には朝4時の到着。気温は29℃。明け方の到着なので、今回は空港からホテルまでのハイヤーを事前に手配。(この旅では空港ハイヤーを初めて利用した。値段はタクシーの倍くらいするのだけど、時間の限られている弾丸出張ではタクシーでぼったくりに逢うリスクや空港で迷う心配がないのは大きい。)

朝の6時にホテルに到着。ホテル天国のマレーシアでは日本の相場の4分の1くらいの価格でそこそこの高級ホテルに泊まることが出来る。この旅唯一の役得であった。人の少ないホテルのレストランで朝食を食べてまずは仮眠。起きたら早速仕事です。続きます。

f:id:familybusiness:20190127214600p:plain