familybusiness’s diary

家族で貿易商社を営む日々のあれこれ

ジタバタすればキャパは広がる

海外のお客さんより、「~の○○がどうしても欲しいんだけどなんとか手に入らないかー!」という依頼が舞い込むことがある。往々にしてこの手の案件は簡単に手に入る物ではなかったり、代理店の都合で簡単に流通出来ない事情があったりと、一筋縄ではいかない場合が多い。数多くの業者がギブアップした結果うちに回ってくるような案件も多い。

微笑ましいエピソードでは「ガラスの仮面の最終巻がどうしても欲しいんだけど・・!」と聞かれたことがある。(お気の毒ですが未完の作品です・・としか答えようがない。)

こういうイレギュラーな案件は取り組もうと思ったら大変だし面倒だし、難題を解決できない場合の方が多い。ただ、しつこく頼んでくる案件は確実に海の向こうで誰かが困っているということでもある。具体的な困り事が目の前にある案件は、それを解決してあげることさえ出来れば即売上に繋がるし、市場/顧客ともに開拓できるチャンスとも言える。

先日機械を買ってくれたお客さんから、その機械を動かすのにどうしても必要な部品を探している・・というお話を受けた。調べてみると市販されているものではなく、なおかつ結構古い部品でもありメーカー在庫も無いようだ。ただ、お客さんはその部品がどうしても必要なようで、何度も頼んでくる。正直そこまで助けてあげる義理もないといえばなかったのだけど、アフターサポートの一環として手伝ってあげることにした。安請け合いだったと後から後悔することになる冒険の始まりであった。

・目当ての部品を探すため、付き合いのある仕入れ業者に依頼するもNG。結局自力でネットで探す羽目になった。

Amazon×、、Alibaba×、、ヤフオク×、、全然見つからない。長い長いネットサーフィンの末、アメリカ版のe-bay(メルカリの元祖のようなオークションサイトです)でようやく目当ての商品を発見した。

・早速e-bayに登録し、アメリカから部品を調達しようとしたところ問題発生。出品者が海外への発送を受け付けていないのだ。こちらで配送を手配するのでなんとか売ってくれ~と交渉するも、先方の理解力の問題かこちらの言葉の問題か、交渉が遅々として進まない。

・弱りながら色々調べると、PlanetExpressというサービスを発見。小口配送専門の輸出代行業者で、登録料と簡単な手続きを済ませれば私専用のアメリカの住所(配送専用の住所)を作って日本への配送を代行してくれるとのことだ。ありがたいことに結構安い。

・急いでPlanetExpressの登録を済ませ、e-bayでの落札手続きは完了。カリフォルニアにある私のアメリカ住所に商品が届くのを待っているところです。(これ以上トラブルが起きませんように)

・・かくして私はe-bayの使い方を覚え、数日でアメリカの住所までゲットした。個人輸入業者デビューである。先の見えない道を進むような苦労はあったけれど、面倒事に飛び込むことで、少しづつキャパは広がっていくのだ。この経験がいつかまた役に立つと信じよう。

f:id:familybusiness:20181106211905p:plain