familybusiness’s diary

家族で貿易商社を営む日々のあれこれ

モバイルベースな人達②

モバイル端末の技術が進歩していつでもどこでも仕事が出来る時代が到来した。貿易マンにとっては有り難い時代である。それに呼応するように、企業や世間はリモートワークや在宅ワークなど、オフィス以外の場所でも働けることを支援する風潮になってきている。

それはいいことだとは思うのだけど、モバイルベースな働き方は外で働くこと自体を賛美する傾向にあり"快適に"働けるか、という観点が軽視されているんじゃないかなーと思ってしまう。

混雑したカフェで店員に白い目で見られながらカシャカシャパソコンをいじるのが快適だとは思えないし、外出先で運良くWifiにありつける保証はない。Wifiの接続だって一筋縄ではいかないケースも多い。テザリングだって電波環境はまだまだ不安定だし、テザリングしながら働くのであればパソコンかスマートフォンのバッテリーが切れたら即仕事終了である。最悪、電源やワイファイを求めて都会を彷徨う羽目になる。

モバイル用途に特化された小型パソコンやタブレットやスマートフォンで大抵の仕事はこなせるかもしれないけど、フルサイズのキーボードやマウスやテンキーを使った方がもっと快適じゃないか?スキャナやプリンタを外出先で調達するのも難しいだろう。駅のホームの片隅に座り込んでパソコンをいじるビジネスマンなど最近見かけるけど、私の目には不幸な働き方を体現する可哀想な人にしか見えない(ごめんなさい)。

私はパソコンは断然17インチ派であり、いつもでっかいパソコンを背負って義実家に通勤している。妙なところで繊細というか、多少の不便を背負ってでも愛用のパソコンとお気に入りの文具を使って環境の整ったオフィスでないと快適に仕事が出来ない人間なのである。こんな私はモバイル時代には時代遅れとなって取り残されてしまうのであろうか。

不便に思えてもモバイルワークに順応すべきなのか、それとも環境の整った場所で働くことを優先すべきなのか。どちらが正しいのかは分からないけど、モバイルワークに順応する準備は始めないといけないだろう。仕事に役立ちそうなスマートフォンのアプリケーションや、モバイルワークに役立ちそうなグッズなど、可能な範囲でどんどん取り入れて試していこうと思う。

手始めに最近取り組んでいるのが「英語音声入力」。フルキーボードのパソコンがないと仕事が・・なんて甘えたことを言ってないで、外出先でもスピーディーに英語の長文メールを出せるようにスマートフォンの英語音声入力の特訓中です。

・・・何度頑張ってもThank you!Sinc you!(沈めるぞ!)と変換されてしまいます。

f:id:familybusiness:20181008232603p:plain