familybusiness’s diary

家族で貿易商社を営む日々のあれこれ

韓国からお客さんが来た話

韓国からお客さんが来てくれました。訪問の目的は機械の下見。うちの会社は海外に中古の印刷機械の販売をするという商売をやっているのだけど、物によっては十年以上も使用された機械である。そのため、事前に機械のコンディションをチェックしにバイヤーが見に来ることがある。今回は社長自ら日本に来てくれた。

貿易の仕事をやっていると海外のお客さんと交流する機会は意外に少ない。海外相手の商売だと日常的に顔を合わせることはないし、お互い忙しいので具体的な用件以外のやりとりはほとんど無い。なので、こういった機会を最大限に利用して関係づくりと情報交換をしたいものである。(新米貿易マンの私としては、義父の営業スタイルを勉強する貴重な機会でもある)

ということで、この日はCさんと丸一日行動を共にした。空港にてCさんをお出迎えうちのオフィス訪問そのまま昼食神戸にて機械の下見夜は飲み会・・というスケジュールでした。

・驚いたことにCさんは日本語ペラペラだった!以前は日本拠点の印刷系の企業に勤務していたそうで、その頃には頻繁に日本を訪れていたらしい。ちなみに英語は勉強中とのこと。普段は英語でメールをやりとりしているのだけど、英語メールは部下の方が代筆していたらしい。日本語メインで会話できるバイヤーにお会いしたのは初めてだった。

・印刷系の企業でキャリアを積んだ後に独立し、現在は韓国の印刷業界で会社を経営している。Cさんのようなメカニックとしての経歴を持つセールスマンという方がうちの会社のバイヤーの中では一番多い。販売する商品の専門性が高いし、メンテをしながら使って頂きたいものなので、我々としても技術のあるお客さんに販売できるのは安心である。

・Cさんは村上春樹ファン、かつスピッツファンであることが判明!私とすごく趣味が近いことが分かり大いに盛り上がる。ハルキとスピッツは韓国でもこんなにメジャーなのか〜というのも私にとっては発見であった。

Cさんは飲んでも楽しい人だった。気楽な雰囲気の中、リタイアしたらアフリカ大陸を目指したい話、子供がコリアナイズされないようすごく先進的な教育を行ってきた話、Cさんのワイルドな新婚旅行の話などなど、面白い話を沢山聞かせて頂いた。

 

いつかソウルに行きますね-!と固い握手をして解散。(商談も無事に成約しました。)会わないと分からないことって本当〜に多い!もっとバイヤーに会う機会を積極的に作ろう。

 

f:id:familybusiness:20180528225351p:plain