familybusiness’s diary

家族で貿易商社を営む日々のあれこれ

深圳・上海出張(準備編)③

スピーチの件は未だガクブルなのだけど、深圳・上海という都市について理解を深めておこうと思い簡単にまとめておきます。

上海

群馬県とほぼ同じ広さのエリアに常住人口2,400万人を数え、首都北京を抑えて中国最大の都市。これはニューヨークを超える規模であり、同時に外国籍人口30万人を数える世界一の国際都市でもある。

元々貿易都市としてスタートしている歴史があり、主要産業の一つは貿易。上海港は2010年にシンガポールを抜いて取扱量世界一の港になった。弊社の中国の売上は減速気味だけど、貿易的には上海は未だ世界一の市場である。

貿易と並ぶもう一つの産業が金融。ドバイやシンガポールのように、東アジアの経済を取り仕切る金融都市である。上海センターは世界第二位の高層建造物であり、世界一高い展望台があるそう。交通面では驚異的なスピードで開発を行い、世界最速のリニアモーターカーと世界一営業距離の長い地下鉄を整備したとか。最近では世界最大のスタバが開業したらしい。

意外な事実としては、上海は世界一の"教育都市"でもある。直近のPISA(国際学習到達度調査)では、王者フィンランドを抜き去りダントツの世界一を記録した。

世界都市ランキングでは15位で、3位の東京とはまだ差がある。けれど日本の経済成長が1%前後をうろつく中、上海の今後5年間の経済成長率の見通しは6.5%。インフラのパンクを防ぐため人口制限を行う案も検討されるなど、まだまだ絶賛成長中の都市なのだ。

深圳まで行き着かなかった。続きます。

f:id:familybusiness:20180502000451p:plain