familybusiness’s diary

家族で貿易商社を営む日々のあれこれ

家業と育児②

姪っ子のみーちゃんを育てながら家業をする話。

2歳児みーちゃんを迎えた4ヶ月、うちの会社は大きなチャレンジを迎えることになった。

全員がプレイヤーであり自宅が事務所でもあるうちの会社は、仕事だけをしているわけではなく炊事・洗濯・掃除などの様々な家事をこなしながら働いていることになる。

大人だけだったら忙しい時は食事を適当に済ませたり家事を後回しに出来るのだけど、子供がいるとそうはいかない。育児に伴い皆が忙しくなったぶん、家業の時間もおおいに削られることになった。

f:id:familybusiness:20180306222923p:plain

みーちゃんは早朝にむくりと起き出し、お母さんの顔をばしばし叩いたり踏んだりして叩き起こす。急いで朝食の支度をして、遊び食べを叱りながら食事を済ませる。「いないいないばあ!」を見せている僅かな時間に大人達は支度をして、仕事に取りかかる。みーちゃんを交代で見ながら午前中の仕事を済ませるのと同時並行でお昼の準備。お昼が終わって少し遊んだらお昼寝の時間(なかなか寝ない)。みーちゃんを起こさないように細心の注意を払いながら午後の仕事を急いで片付ける。お昼寝から起きたら夕食の準備をしながら少し遊んで、夕ごはん。(ご飯で遊んだらあかんよー!!)お風呂に入れたらすぐに寝かしつけである(なかなか寝ない)。子供が寝たらやっと大人の時間・・にしたいところだけど、まだ夜泣きをする時期であり中々ゆっくり寝かせてくれない。。

 

・・・というのが日々のルーチンで、子育てにも仕事にもイレギュラーや急ぎの案件がしょっちゅう発生する。実家で子育てをする間の体勢も整えないといけないし、義妹は4ヶ月後に迫った海外移住の準備もあるし、出国前に会いたい人もたくさんいる。

 

当時の妻は家事・育児・仕事を同時にこなす超マルチタスク人間となり、獅子奮迅の働きを見せた。当時サラリーマンだった私は、端からそんな光景を見て「家業絶対無理だわ・・」と思ったのだった。

f:id:familybusiness:20180306222953p:plain