familybusiness’s diary

家族で貿易商社を営む日々のあれこれ

語学と貿易③

英語より大事なことは山ほどあるとはいえ、大事な要素の一つであることは間違いない。スリランカの顧客と飲んでいた時、どうやったら英語って上達しますかねー、と何気なく尋ねたところ、義父と顧客が口を揃えて「necessity!(必要性!)」と答えてくれた。

f:id:familybusiness:20180301214701p:plain

英語の勉強は、まずは英語が使えないと困る状況に身をおくことから始めるべきだという。義父は若かりし頃、2年がかりでバックパッカーとして世界を一周して帰ってきたらしい。まさに最強のnecessityである。

それを見習って、英語を使わざるを得ない機会を増やすために「ネイティブキャンプ」というオンライン英会話サービスを使い始めた。

 

↓これです。

https://nativecamp.net/user/mypage

 

ネイティブキャンプはスカイプ英会話サービスの一つ。

パソコンやタブレットスマートフォンなどを使って外国人講師とマンツーマンのレッスンをビデオ通話で受けることが出来る。もちろん自宅に居ながら受講できる。

 

1レッスンは25分。「忙しい」を言い訳に出来ない絶妙な時間である。料金は定額制で、月5500円でレッスン受け放題。激安である。レッスン予約は追加料金がかかるのだけど、講師を選り好みしなければ追加料金はかからない。(料金は先日まで月5千円だったのだけど、最近微妙に値上がりしてしまった。それでもまだまだ安い。)

 

24時間対応なので、早朝深夜問わずレッスンを受けられる。ますます「忙しい」を言い訳に出来ない。

 

講師は主にフィリピン人なのだけど、セルビアブルガリアイスラエルコンゴ民主共和国まで幅広い。(イギリス・アメリカなどのネイティブスピーカーの講師も在籍しているのだけど、レッスン予約料が割高なので利用したことがない。)

 

レッスンは「初心者コース」「ビジネスコース」「TOEIC対策コース」など色々あるらしいのだけど、もちろん私は「フリートーク」一択で利用している。

 

始めて4ヶ月でようやく100レッスンに達したので別に自慢にならないペースなのだけど、少なくとも挫折することなく続いている。

 

とにかく便利なサービスなのでおすすめです。続きます。